宝塚つばめスタイル#014

 

ゴールデンウィークも終わり、本格的に1学期が開始といった感じ。

 

宝塚つばめ学習会は、17:30開始で小学生は18:30までの1時間としていますが、小学生にとって1時間集中するのは酷というもの。

 

18:30までの1時間を落ち着いた時間帯にするのが宝塚つばめ学習会の今の課題ですが、先日の勉強会で頂いたヒントを色々と実践しました。

 

例えば、「ここまでやろう」と課題の範囲を決めたり、時計を見ながら時間も区切る、アラームを設定してその時間は集中するなど、あれこれやると効果はあるもんで、今までよりはかなり椅子に座って集中できました。

 

 

そして、18:30からの1時間は「中学生タイム」。

 

18:30まで中学生にも関わっていますが、やはり小学生中心になってしまうので、18:30からの1時間はさらにねじを巻いて中学生に向き合います。

 

宝塚つばめ学習会の開催も10回を超え、最初は自習・自学のサポートをするイメージでスタートしましたが、特に中学生に対してはこちらで問題集を用意し、それをやりながら理解を深めてもらう「個別指導」の色が濃くなってきました。

 

正直、ボランティア講師さんはほぼかかりっきりになるので負担が大きいですが、生徒さんと直に向き合うので進捗も分かるし、いわゆる「学習指導」としてはこちらの方が密度は濃いのではないかと思います。

 

もう少しキャパがある場所であれば違うのでしょうが、入れる人数も限られており、ひとりひとりに向き合うのはリーダーズカフェの基本でもあるので、このスタイルでしばらくは行こうかと考えています。